問題集はこの2冊がおすすめ!中1、2、3年、英語が苦手な人向けの勉強法

英語を勉強したいけど、どんな問題集を買えばいいのかわからない、という中学生におすすめの問題集を紹介します。それぞれに特徴が違うので、目的に合ったものを選ぶことが大切です。

正直なところ、書店で手に入る教材より、塾で使われる教材の方が質が良いことが多いと思います。別の記事でも書きましたが、塾や中高一貫で採用される教材は、プロの先生達が選んで採用するので質が良いものが多いと思います。

(「なぜ塾の教材は質が良いのか」についての記事はこちらからお読みになれます)

ですが、塾テキストの苦手な部分を補強したい、塾には行かずに学習したい、等、色々な事情で書店で買いたい人もいると思うので、「これはお勧めできる」というものを紹介していきたいと思います。

完全攻略 中学1年 英語

本当に英語をしっかり勉強したい人におすすめしたい教材です。即効性は期待できませんが、しっかりやり切れば1年生で習得すべき英語の基本がよく分かるようになると思います。

この問題集は、be動詞、進行形、過去形、という風に、英文法の項目ごとに構成されています。章の最初に、まとめページがあります。これをちゃんと読めば、先生に教えてもらわなくても一人で大まかなことは学習できるようになっています。(まとめページは飛ばしたりせず、必ずすべてを読んでください)その後、基本問題、発展問題、と簡単な問題からだんだん難しい問題に移行していきます。

教科書用の教材ではないので、学校で習う順番と同じではないかもしれませんし、知らない単語が出てくることもあるかもしれません。分からない単語が出てきたら、必ず辞書で単語の意味を調べて分かるようにしておきましょう。

この問題集は定期テスト対策というより、英語力の底上げをしたい人におすすめです。英語が得意な人なら予習にも使えるとは思いますが、英語が苦手な人は復習で使う方がいいと思います。

英語が苦手になる原因は1年生の英語をしっかり学習していないこと

英語が苦手で、何からやればいいのかわからない、何が分からないのかもわからない、勉強法が分からない、と悩んでいる人は多いと思います。

英語がなぜ難しいかというと、外国語だからです。

外国語だから、日本語とは言葉のルールが全然違うのです。

中学1年生の英語は、英語という言語を学ぶ上で絶対に知っておかなければならない基本ルールを順番に教えていくようになっています。

多くの人が、中1英語の重要性を理解しないまま、2年生になってしまいます。1年生で英語の基本ルールをきちんとマスターしないまま上の学年に上がっていくと、分からないところがたくさんあるので、何が何だか分からなくなってくるのです。そして、2年、3年、のテストでも、間違えているところをよく見ると、1年生の内容が分かっていないので間違えている、という事はよくあります。

中1英語の重要性は、どれほど強調してもしすぎることはありません。

騙されたと思って、この問題集を1冊全部やり切って、中1英語をしっかりマスターすると、おそらく2年、3年の英語が理解しやすくなります。

英語が苦手、と思っている人は、2年生でも3年生でも、そしてもちろん1年生でも、この「完全攻略 英語1年」をやりきって、すべてを理解するようにしてください。

次は長文読解が苦手、という人におすすめの問題集を紹介します。

くもんの中学基礎がため100%(単語・読解編)

長文読解が苦手、という人は多いと思いますが、文法学習や他の教科の勉強で忙しく、なかなか長文読解のトレーニングの時間を取りにくい人も多いと思います。

それと、受験生向けの読解問題集はたくさん売られているのですが、中学1年レベルの文法のみで書かれた読解問題集、というのは数が少ないのか、書店でも探すのに苦労します。

受験生になると、受験勉強、塾の夏期講習、など、ますます忙しくなるので、そうなる前に早めに読解のトレーニングも取り入れたいところです。

英語長文の学習法

当たり前かもしれませんが、英語長文を読めるようになりたければ、たくさん読むことが大切です。

文法が苦手な人でも、英文をたくさん読む練習をしていると、読解だけは点数が取れる、という場合もあります。

長文を読むときには、文法の細かいことや、分からない単語にとらわれすぎず、ざーっと目を通して、大まかな意味をつかむように練習しましょう。

そして解き終わったら、答え合わせをして、本文和訳と英文を照らし合わせて、自分がよく分からなかった部分が「なぜその訳になるのか」という事をじっくり考えましょう。単語の意味が分からなかったのなら、その単語は調べたり、単語練習をしてなるべく覚えるようにします。

教材のレベルの選び方

英語ができるようになりたい、と思と、つい、難しそうな問題集を買いたくなってしまいます。

ですが、難しい問題集は解くのに時間がかかる、解けなかった問題の解説を見ても意味が分からないまま時間がどんどん過ぎていく、ということが起こりやすいので、あまり効率の良い学習ができません。当然、学力も身に付きにくいです。

家庭教師など、誰かに教えてもらう場合は別として、自宅で自分で学習を進める時には、一人でもだいたい解ける、分からないところも調べれば理解できる、というレベルの物を選ぶようにしましょう。

難しい問題を長時間かけて一題解くよりも、自分のレベルに合った問題をたくさん解く方が、結果として学習効率がよく、成績アップにつながりやすいです。

ですから、英語が苦手な人は、迷わず1学年下の物を買うようにしましょう。

注意点

この「くもんの中学基礎がため」という問題集は、読解をしながら単語も学習する、というものです。

おそらく、公立中学の普通の教科書を勉強しているだけだと、知らない単語がたくさん出てくると思います。

なので、そういう意味でも最初は1学年下の物を買ってみることをお勧めします。

一学年下であれば、文章自体は簡単なので、分からない単語が出てきてもなんとか読んでいけると思います。

一人で勉強するのは不安…。そんな時こそ動画で授業!

英語の苦手をなくしたい、問題集を買って頑張りたい、と思っていても、いざやり始めると「本当にこれでいいのかな」と不安になることもあるかもしれません。

また、学校の授業で理解しきれなかった単元を、一人で問題集を使って学習するのは難しいかもしれません。

 

スタディサプリは、一ヵ月2,178円で、動画授業が見放題というサービスです。

動画の長さは平均5分程度なので、集中力の続かない生徒さんにも取り組みやすい内容になっています。

動画を見た後は復習問題を解けるようになっているので、勉強したことをその場ですぐに定着させることができるようになっています。

スタディサプリを使ったおすすめの勉強方法

1.スタディサプリの英語の授業動画を見る(例:進行形など)

2.すぐに復習問題を解いて定着させる

3.手持ちの問題集(ここで紹介した完全攻略など)を使って、その単元をさらに深めていく

という手順で勉強していけば、ペースも作りやすく、内容も理解しやすいと思います。

スタディサプリの動画はこんな人におススメ

  • 勉強に対するやる気はあるけど、何からやっていいのか分からない
  • 一人で勉強するのは不安
  • 自宅で学習がしたい
  • 費用を抑えたい
  • 好きな時間に勉強したい

という人にはとても良いサービスだと思います。

スタディサプリは14日間無料体験ができるので、自分に合っているかを十分に確かめてから始めることができます。

やってみなければ、どんなサービスなのか分からないので、気になる方は気軽に無料体験に申し込むことをお勧めします。

スタディサプリの公式サイトはこちらから

スタサプ